邦画

私をくいとめて(映画)ネタバレあらすじキャストは?見どころや原作も調査!

投稿日:

女優の、のんさんが6年ぶりに映画に主演します!能年玲奈として「海月姫」に主演して以来の映画主演です。相手役には林遣都さんを迎えて、監督は大九明子監督がメガホンをとります!気になる原作らあらすじキャストなど「私をくいとめて」について今回はご紹介します。

 

私をくいとめて(映画)とは

実は、大九監督と綿矢りささんの2人は、初めてではなく2017年に各国でロングラン上映された人気作「勝手にふるえてろ」以来2度目のタッグとなります。「勝手にふるえてろ」では、第30回東京国際コンペティション部門の観客賞、第27回日本プロフェッショナル大賞で作品賞と主演女優賞を受賞したという、人気作品を手掛けた2人が、今回の「私をくいとめて」をどのように手を加えていくのか非常に興味が湧きます!

私をくいとめて(映画)の作品情報

公開日:2020年冬

制作国:日本

配給:日活

公式サイト: https://kuitomete.jp/

私をくいとめて(映画)のキャスト、スタッフ

《キャスト》

黒田みつ子:のん

2006年に雑誌「ニコラ」のモデルグランプリを受賞し、能年玲奈として「告白」で女優デビュー。2013年NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」で大人気となり、2014年には登坂広臣とダブル主演で映画「ホットロード」で各世代がら支持される。2016年事務所独立を機に芸名をのんに変更。

今作では、おひとりさまを楽しむ31歳を演じる。

 

多田くん:林遣都

2007年映画「バッテリー」でいきなり主演を務める。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2008年「ダイブ!!」2009年「風が吹いている」にも出演して、その運動神経の高さが注目される。その後は様々なジャンルの作品に出演し、NHK朝の連続テレビドラマ「べっぴんさん」など、人気実力とも注目の俳優。

今作では、おひとりさまのみつ子が想いを寄せ多田くんを演じる。

 

《スタッフ》

監督/脚本:大九明子

異例の経歴の持ち主で、明治大学卒業後官庁の秘書からお笑い芸人、女優として活動する。その後制作側に興味を持ち、初監督作品「意外と死なない」でデビュー。以後監督としてメガホンをとり続け、2017年には今回の原作者綿矢りさと「勝手にふるえてろ」でタッグを組み、東京国際映画祭コンペティション部門で観客賞を受賞。

 

原作:綿矢りさ

17歳の時、「インストール」で第38回文藝賞を受賞。大学時代に発表された「蹴りたい背中」では2004年第130回芥川龍之介賞を受賞。最年少受賞記録を作る。150万部以上を売り上げる大ヒットとなる。大学卒業後は小説家として京都で執筆活動をしており、出す作品ごとに賞を受賞するという実力の持ち主。また、その美貌がSNSで話題にもなる。

私をくいとめて(映画)のあらすじ

《WEB特別動画》

 

《あらすじ》

31歳の黒田みつ子は、おひとりさまを満喫している。

なぜみつ子がおひとりさまを楽しめているのか、それは脳内にAという相談役がいるから。困った時にはいつもAが的確なアドバイスをして、それに従っていれば、平和で楽しいおひとりさま生活を送っていくことができている。

このままずっと、Aとおひとりさまライフを楽しむつもりでいたみつ子・・しかし、みつ子は恋をしていまう!相手は年下の営業マンの多田くん。20代の頃のようにはいかないものの、多田くんと両想いだと信じて前に進むことにするのだが・・・。

私をくいとめて(映画)のネタバレ、結末や見どころは?

映画版のネタバレや結末はまだわかっていません。

今回は、小説版のネタバレと結末についてご紹介します。

みつ子は、ある日頭の中で男性でも女性でもない不思議な声が聞こえるようになっていることに気づきました。その声はとても穏やかで、みつ子の相談になんでも乗ってくれます。そこでみつ子は脳内の声の主をanswerから頭文字を取り「A」と名付けます。Aはみつ子の仕事の悩みや、今日の服装まで何でも相談に乗ってくれ、Aの答えに従っていたみつ子の世界はどんどん変わっていきます。おひとりさまも板についてきた時、みつ子は年下の営業マンの多田くんに恋をします。自炊をしない多田くんを家に招待しようかと、Aに相談すると賛成されたので、多田くんを招き2人の距離はだんだん縮まってきます。

そんな時、大学時代の友人皐月から年末年始遊びに来ないかと誘われ、みつ子は皐月の暮らすローマへと旅に行くことにしました。

ローマに行くために、仕事をなんとか片付けようと頑張り、旅行の支度に追われてみつ子はAと話をする機会が減っていきます。ローマに行っても、多田くんとはメールで連絡を取り、観光や皐月の友人達の過ごし充実した休暇を楽しんだみつ子。帰国後、職場の先輩ノゾミと、片桐直貴、みつ子、多田の4人でディズニーランドへ行き、みつ子は多田と、ノゾミは片桐と2つのカップルでそれぞれ楽しむのでした。しかし、みつ子にはひとつ気になることがあります。日に日にAとの会話がなくなり、最近ではAから返事がなくなってしまったのです。ノゾミに相談すると、みつ子にとってAはいなくなっても困らないと断言されます。しかし、みつ子にとっては、Aのお陰で今まで色々なことを乗り越えてこれたことは事実、、。その時頭の中でAが微笑んだように感じたのです。

 

こちらはあくまでも、原作の結末です。映画版がどのようになっているかは、映画館で確かめてくださいね!

見どころは、やはりのんさんとAとの掛け合いでしょう。のんさんの演技力が光るところです。

私をくいとめて(映画)の原作は?

話題作を数々発表している、綿矢りささんの原作小説です。綿矢さんが初めて新聞連載された作品です。2017年に、朝日出版から単行本が発売され、2020年2月には文庫本として改めて発売されました。

同世代の気持ちを描き続けてきた、綿矢さんならではの作品です。共感すること間違いなしです。

私をくいとめて(映画)の口コミ評判は

のんさんと林遣都さんの人気者2人の出演と、綿矢さんの原作とあって注目度がかなり高いですね!公開映画館がまだ少ないようで、皆さん増えることを期待しているようです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?「私をくいとめて」は、出演者ものんさんと林遣都さんしか発表されていませんから、これからどんなキャストが追加で発表されるかも注目ですね。秋公開ですから、これからの続報が待たれます。原作はとても面白いので、映画も期待大!ぜひ劇場でご覧ください!

おすすめトピックス

-邦画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.