ロケ地 邦画

犬鳴村トンネル焼殺事件とは!犯人の現在は?福岡の心霊スポット

更新日:

映画『犬鳴村』のロケ地でもある福岡県・犬鳴トンネル。

そこはかなり有名な心霊スポットなのです。

 

実際に事件が起こった過去もあります。

 

今回は犬鳴トンネルで過去に起きた焼殺事件やその犯人についてなどを紹介させていただきます。

 

どうしてここが心霊スポットになったのかも、調査していきましょう。

 

では、さっそく本題に入っていきましょう。

 

犬鳴トンネル焼殺事件とは

「犬鳴トンネル焼殺事件」とは、昭和63年12月に犬鳴トンネルで実際に起きた事件です。

 

事件当時20歳だった男性がここで亡くなっています。

 

これから事件について詳しくお話しますが、想像するとかなり苦しい事件なのです。

“焼殺”という言葉がある時点で、恐ろしいかと思いますが、焼殺は焼殺でも非常に苦しい焼殺だったようなのです。

事件の概要

昭和63年12月7日 当時20歳だった被害者Aさんはは地元のT高校卒業後、 スチール製造工場へ就職しました。

 十万円の給料のうち7万円を母親に渡すほどの親孝行で、内気でおとなしい青年だった。

 7日の夕方、Aさんは仕事から帰宅途中で信号待ちをしていたところ、 主犯の少年(当時19歳)ら5人に「女を送るのに格好つかんたい。車貸せ」と言われました。

 

Aさんがそれを断ったところ、袋叩きにされ連行されました。

 

 深夜2時、見張り役の少年が寝込んだすきに監禁場所を抜け出し、Aさんは家に向かって2キロも歩き続けました。

 (周りに家や通りがかった車に助けは求めなかった) 

 

しかしAさんは、再び路上で拉致されてしまったのです。

 犯人達は苅田港に蹴り落としましたが、岸壁のフェンスにしがみつき「助けてくれ」と泣き叫ぶ彼の手にバールを打ち下ろしました。

 

Aさんの顔は変形し、フェンスをつかんだ手から血が流れ・・・

やがて、Aさんはぐったりし声も出さなくなったが、手だけは離しませんでした。

 

 「もう、いいやろ。かわいそうやから、やめよう」と犯人達の中からも声が上がっていましたが、主犯の少年は「俺たちは殺人未遂の共犯やけんな。捕まらんよう殺してしまうぞ」と言い、Aさんはその後も殴られ続けました。

 

その後、力丸ダムに沈めようとするも「死体が浮いたらバレる」ということで中止し、

 「顔がわからんよう焼き殺そう」と犬鳴峠に向かいました。

 

 旧犬鳴峠に着き、ガソリンを頭からかけたところ、被害者が悲鳴をあげそれがトンネル内に響き渡った為、犯人らは一瞬ひるみました。

 

Aさんは、そのすきを見て逃走しました。

トンネルを抜け、雑木林を逃げ回り、山中を駆け登りました。

 

 少年らは「悪かった。謝る。もう何もしないから降りて来い。嘘はいわん」と呼びかけそれを信じて降りてきたAさんはまたもや少年らに捕まりました。

 

シャツをちぎって口に押し込み・・・

 

Aさんは両手足を縛られ、大きな石で頭を5回打ち付けられました。

その割創傷は7センチに及び血しぶきがガードレールまで飛んだとのこと。

 

それでも「助けてくれ」と命乞いをする彼をガソリンをかけライターで火をつけた少年たち。

 

 被害者はのたうり回りました。

 転げ回った末、トンネルの入り口まで走り、そこで力尽きて倒れました。

  

 少年らは死んだかどうかを3回目も確認し、ようやく動かなくなったの見届けて市内に帰っていきました。

 

かけられた石油はわずか0.7リットルだったとか。

 

つまりAさんは、中途半端に燃えてもがき苦しんで死んだのです。

 

犯人らが被害者Aさんを襲った理由は、“女を送るため”。

こんなことで1人の男性が殺されてしまったのだと思うと、胸が痛みます。

 

被害者Aさんは当時20歳、主犯の少年は19歳。

同じ年頃だったようですが、性格はまったくちがうタイプだったのでしょう。

 

許されない事件だと思います。

こんな理由で人を殺すことができる人間なんて最低です。

人間のすることではありません。

 

この事件の犯人は、現在どうしているのでしょうか?

事件の犯人は現在どうしてる?

被害者Aさんが亡くなった翌日、遺体は発見されました。

また犯人たちも、逮捕されたようです。

“1991/03/08、福岡地裁で行われた控訴審判決において、主犯(21、犯行当時19。福岡県田川郡の露天商手伝い)の男は一審で無期懲役を言い渡され、「確定的な殺意はなく、量刑は重過ぎる」と減刑を求めて控訴しましたが、前田一昭裁判長は「犯行は他に類例を見ないほど残虐。 被告はその中心的な役割を果たしており、責任は重い」としてそれを棄却、他のメンバーも有罪となりました。”

引用:https://matome.naver.jp/odai/2139521084311884701

つまり死刑にはなっていないので、現在も生きています。

事件当時は未成年だったということが大きいのかもしれません。

 

これほど残虐な事件を起こす人間に、年齢なんて関係ないと思いますが、現実は“未成年”というものに守られたのでしょう。

犬鳴峠

犬鳴峠という名前の由来をご存知でしょうか?

 

漢字をそのまま意味にすると、“犬が鳴く”ですが、由来を調べてみるときちんと理由がありました。

“犬鳴山で猟師が犬を連れて猟をしていた。犬が激しく鳴き続けるので獲物がとれぬと、この犬を鉄砲で撃ったそうな。ふと見上げると1丈5、6尺(約5m)程の大蛇が姿をあらわした。犬が鳴いて危険を知らせたものを、誤って撃ったことに猟師は後悔した。猟師は鉄砲を捨ててお坊さんになり、この山に犬の塔を立てたそうな。それから犬鳴という。”

 

 

これもひどい話ですが・・・

犬は猟師を守ってあげただけなのに・・・

 

犬好きな人には納得ができない理由かもしれませんが、このような名前の由来でした。

犬鳴トンネル

現在は「新犬鳴トンネル」が開通しているようなので、普通に走っているとわからないようです。

 

ただ、現在も両方面ともに「新犬鳴トンネル」の入り口直前に旧道への入り口があるようです!

関連記事:「犬鳴村」エンドロールの女性の影はどこに?閲覧注意!念が入ってくる?SNSで話題!

犬鳴村の撮影ロケ地は?都市伝説の真相は?実在する場所も調査!

犬鳴峠で他の事件

焼殺事件ですでに胸がいっぱいになってしまっていますが、犬鳴峠では他にも事件がありました。

 

・犬鳴ダム 死体遺棄事件

ムビムビチャンネル

あまり詳細がないのですが、2000年1月に犬鳴ダムで死体が発見されたようです。

女性の白骨死体という噂もありますが、本当のことはわかりません。

 

・「幽霊を見に行こう」犬鳴の帰りに起きた凄惨な死亡事故

2001年2月、「犬鳴峠に幽霊を見に行こう」とでかけた5人組がいました。

軽乗用車で犬鳴峠へ行き、その帰り道にトラックと正面衝突し、4人が死亡、1人が重体。

 

5人組は全員10代で、15歳~18歳だったようです。

免許取りたてだったのではないでしょうか?

 

ちなみにトラックの運転手は軽傷でした。

そもそも軽乗用車に5人乗っている時点でアウトですよね・・・

犬鳴村伝説

日本地図から完全に抹消された隠れ村が犬鳴にあると言われているのを知っていますか?

これは“犬鳴村伝説”と言われています。

 

諸説があるのですが、今回は3つの説を紹介します。

 

・被差別地域説

この地域に住む人は自給自足で生活している、とか。

江戸時代から存在していると言われ、犯罪者や逃亡者が集まってできたとも言われています。

外界との接触を断つことで、差別されることなく生活ができるようです。

 

・伝染病患者の隔離村説

昔、犬鳴の辺りにはハンセン氏病に似た皮膚病やその他伝染病患者を隔離する場所があり、結果的に集落のようなかたちができたようです。

現在もその集落は残っていると言われていますが、人が住んでいる気配はないようです。

 

・避け地説

警察や国家権力が介入することのない地域。

自衛隊の“特殊救難隊”がヘリで物資を届けていると言われています。

住民は高齢者ばかりだとの説もあります。

心霊スポットになった理由

どうして犬鳴村は心霊スポットと言われるようになったのでしょうか?

 

それはここまでに紹介してきたいくつもの事件の影響が大きいようです。

1番大きい影響をもたらしたのは最初に紹介した焼殺事件です。

 

犬鳴は、心霊という超常的な恐怖と、言葉や常識が通じない人間に襲われる現実的な恐怖のどちらもが襲ってくる可能性のある場所ということです。

まとめ

今回は犬鳴村について過去に起きた事件や心霊スポットになった理由などを紹介させていただきました。

何よりも人間が1番恐ろしい存在であると感じました。

関連記事:「犬鳴村」エンドロールの女性の影はどこに?閲覧注意!念が入ってくる?SNSで話題!

犬鳴村の撮影ロケ地は?都市伝説の真相は?実在する場所も調査!

おすすめトピックス

-ロケ地, 邦画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.