ニュース

浅田飴の村山工場で杭打ち機が折れて停電!当時の動画画像や原因は?目撃者やネットの反応も!

投稿日:

「せき・こえ・のどに浅田飴」このフレーズはとても有名ですよね。

私も喉があまり強いほうではないので、喉が痛んだりイガイガすると浅田飴のお世話になっています。

その浅田飴の工場で事故があったようなので、詳しく調べてみました。

 

浅田飴の村山工場で杭打ち機のアームが折れる

2020年9月7日午前、東京・東村山市の「浅田飴」の工場で、工事現場で作業中だった重機が突然倒れ、電線の一部を切るという事故がありました。

 

警視庁によりますと、2020年9月7日の午前11時半前、東村山市にある医薬品・食品メーカー「浅田飴」の工場で、作業中だった杭打ち機が突然傾いて、工場の建物に倒れました。その際に近くの電線の一部を切り、付近ではおよそ3時間にわたって停電が発生しました。この事故によるけが人はいなかったということです。

 

浅田飴の公式Twitterからはこのような謝罪のコメントがでています。

浅田飴村山工場の場所はどこ?

事故のあった浅田飴村山工場の場所はこちらです。

 

〒189-0003 東京都東村山市久米川町5丁目29−7

(画像引用元:浅田飴公式㏋ https://www.asadaame.co.jp/index.html

杭打ち機のアームが折れた原因は?

作業中だった杭打ち機が突然傾いて、工場の建物に倒れたということですが、なぜ倒れたのでしょうか?

(画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0ce1f6623acb3f12bb62faf34ff73ea203dd0210/images/000

事故の起きる直前、この地域には大雨が降っていたということです。

この大雨により地盤がぬかるんだことにより、杭打機がバランスを崩し倒れ、建物にぶつかってアーム部分が折れたということのようです。

当時の状況動画や画像は?

事故があった当時の状況動画や画像を見つけてみました。

 

こちらはニュースの画像になります。わかりやすいのでアップしました。

午前11時ごろということなので目撃した方が多いかと思いましたが、工場が大きいので近くで目撃された方はほぼいなかったようです。

被害状況は

この事故によるけが人等はいないということでした。

杭打機というものを見たことがないので、人が運転していたのかどうかわかりませんが、とりあえず作業中の事故にもかかわらず誰もけがをしなかったのは本当に良かったです。

 

ただクレーン車のアーム部分が近くの電線に引っ掛かり、付近の住宅など少なくとも150世帯が一時停電したということです。

昨日も暑かったので、停電になった家ではエアコンも効かず大変だったことだと思います。長時間の停電にならなくてよかったです。

目撃者やネットの反応

目撃者については、浅田飴の工場が大きくそばを歩いたりしている方があまりいなかったようで、事故当時を目撃された方はいなかったようでした。

ネットの反応はこのようになっています。

みなさん浅田飴をとても心配していました。浅田飴って愛されているんですね。

ニュースで「浅田飴でクレーン倒れる」と情報があったようで、浅田飴がクレーンを倒した(どんだけの飴が流れた!)という誤解をした方も多かったようです。

まとめ

大雨で地盤がぬかるんでいたことによる転倒事故だったようですが、浅田飴ですから今後はきっと地盤をぬかるまないよう改善してくれるのではないでしょうか。

twitterの声を見る限り、浅田飴を責める声はとても少なく、けが人がいなくてよかった、早く復旧してくださいねといった応援の声がたくさんありました。愛される浅田飴。安全に、これからも日本ののど飴として愛され続けて欲しいですよね。

おすすめトピックス

-ニュース

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.