邦画

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-ネタバレあらすじキャストは?見どころ結末や原作も調査!

投稿日:

あの「このミステリーすごい!大賞」を受賞した経歴を持つ中山七里さんのミステリー小説「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」が綾野剛さん・北川景子さん主演で映画化されることになりました!ミステリーを極めた中山七里さんならではの作品ですが、ただのミステリーではなく、安楽死について考えさせられる映画となっています。気になるあらすじやキャストなどご紹介していきます!

 

ドクター・デスの遺産とは

「どんでん返しの帝王」と言われる小説家・中山七里さんの刑事犬養隼人シリーズの1作です。2013年からシリーズは始まっており、「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」は2019年2月に角川文庫から発売になった人気シリーズ最新作です。130人もの人を安楽死された実在の医師をモデルに書かれた作品でもあり、命とどう対峙するのかとても興味深い内容です。今作の主演を演じる綾野剛さんが刑事犬養隼人に扮し、バディ役には北川景子さんが配役されました。監督は、「神様のカルテ」などを手掛けた深川栄洋さんがメガホンをとります!

ドクター・デスの遺産の作品情報

公開日:2020年11月13日(金)

制作国:日本

配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト: https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

ドクター・デスの遺産のキャスト、スタッフ

《キャスト》

犬養隼人:綾野剛

高千穂明日香:北川景子 

沢田:岡田健史

 

前野朋哉

青山美郷

石黒賢

 

《スタッフ》

監督:深川栄洋

脚本:川﨑いづみ

原作:中山七里

エグゼクティブプロデューサー:伊藤響/鈴木光

プロデューサー:櫛山慶/岡田和則

ドクター・デスの遺産のあらすじ

ある日、「お父さんが悪いお医者さんに殺された」と1人の少年から通報がはいる。その声真剣な声を聞いた高千穂は、犬養と共に通報した少年の元へ向かう。2人が目にしたのは少年の父親の通夜だった。少年に話を聞くと突然医師と看護師がやってきて父親に注射を打ち、その直後亡くなったという。捜査を始めた犬養は、少年の母親が「ドクター・デス」と名乗る人物のサイトにアクセスしていたことがわかった。そのサイトはたった20万円で安楽死を提供するという。しかし、捜査は難航・・その間にも日本各地で類似事件が次々と起きていく。2人は犯人を突き止めることができるのか?!

ドクター・デスの遺産のネタバレ、結末や見どころは?

映画版はまだわかっていませんが、原作のネタバレは・・・

通報してきた少年の父親が亡くなったことを捜査する犬養と高千穂だったが、少年の母親がドクター・デスのサイトにアクセスしていることを突き止め、問いただすと母親は泣きながら自分が依頼人だと認めます。夫婦はずっと夫の病との苦しい闘いが続いていて、1日も気を緩めたことが出来ずお金も体力も気力も、もう限界だったと言います。そんな時ドクター・デスに安楽死を頼み、苦しみから解放され夫婦は感謝しているのだと。

この事件を捜査している間にも、日本各地で同様の事件が次々起きていきます。それらを捜査してみると、全て末期患者でありドクター・デスが受け取る報酬は20万円のみで、決して金銭目的ではないということでした。なかなかドクター・デスに辿り着くことができない犬養と高千穂。ドクター・デスの隠蔽工作は完璧で、どこを辿っても本人特定ができません。そこで最終手段として犬養はおとり捜査をすることになります。依頼人になるのは犬養隼人本人です。犬養には腎臓病の沙耶香という娘がいるので、ドクター・デスも信用するはず、そしてドクター・デスからとうとう返信がくるのです。ドクター・デスが安楽死を実行するというので沙耶香の入院している病院ではない別の病院を指定して、病室にドクター・デスが現れたら逮捕するつもりでしたが、約束の時間になっても現れません。ドクター・デスには全てばれていたのです。そればかりか、沙耶香が本当に入院している病院に塩化カリウムの点滴が届けられ、沙耶香に打たれる事はなかったが、ドクター・デスからこれ以上捜査をしないように警告されます。最終手段のおとり捜査も空振りになり、行き詰まった時思っていたが、ドクター・デスと共に依頼人の元へ行っていた看護師・雛森めぐみが見つかります。この看護師はバイトで雇われていて、しかも抗がん剤を注射していると思っていたと言いドクター・デスに利用されていただけでした。しかし、ここで看護師からドクター・デスの名前を聞く事ができました、それは寺町亘輝=ドクター・デス。捜査現場に落ちていた土を調べてみると、全て河川敷でホームレスが集まる場所でした。寺町を探し出すのは簡単で逮捕するのですが、寺町は金で雇われていただけでした。注射をしたのは看護師の雛森めぐみだったのです。雛森いづみがドクター・デスで寺町が利用されていたのです!雛森は海外に逃亡することを匂わせたが、実は最後の安楽死実行に向けて山奥に向かっています。そこで待っていたのは、犬養と高千穂だった。騙されたと思った雛森だったが、ドクター・デスへの依頼人を辿って、ここに来るだろうと待っていたのです。なぜ、ここに来るかと分かったのか?と聞かれ犬養は、雛森が無国籍医師団いた時の団長のブライアン氏に依頼人がよく似ていたからと答えます。そんな時土砂崩れが起き、依頼人は家の下敷きになります。苦しむ依頼人を安楽死させようとしますが、刑事の2人が放っておくはずがありません。ですが、最終的には雛森が依頼人に注射を打ち苦しみから解放するのです。そして雛森は犬養と高千穂に逮捕されますが、犬養はすっきりしないのです。犬養自身も安楽死野是非がわからなくなっていたのです。救われたのは、沙耶香が前向きに病と闘っていくということでした。

 

あくまでも小説のネタバレと結末です。映画版柄どのようになっているのかは映画館で確認してみてくださいね!

ドクター・デスの遺産の原作は?

2013年シリーズ第1作「切り裂きジャックの告白」からこの刑事犬養隼人シリーズが始まりました。初めはシリーズ化ではなかったのですが、好評だったため、シリーズになりました。また、このシリーズは過去のダークヒーローを使うことが決め事になっていて、今作では130人を安楽死させた医師がダークヒーローとなっています。そして「命」をテーマにしているのも特徴です。

ドクター・デスの遺産の口コミ評判は?

ビジュアルのキャストの欄が赤くグチャグチャに書いてあって、気になりますよね!みなさんはなんて見えますか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?「ドクター・デスの遺産―BLACK FILE―」の公開が待ち遠しくなってきましたよね!一体ドクター・デスは誰が演じるのか?!追加キャストで発表になるのか?当日までわからないのか?気になってしまいます。公開前に犬養隼人シリーズを読破してみるのも楽しいですし、結末を知りたくなり人は、ドクター・デス以外を読まれてはどうでしょう?ぜひ11月は映画館で結末を見届けてください!

おすすめトピックス

-邦画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.