ニュース

長蛇の列がヤバい!趙蜜の英検会場はどこ?運営の対応はよかったのか?

投稿日:

緊急事態宣言が解除され、さまざまなことが再開していますね。

その一つに、「英検」があります。

 

6月28日に全国で英検が実施されましたが、受験者から「三密だった」との声が挙がっているのです。

 

三密には緊急事態宣言が解除された今でも気を付けなければならないのに、なぜそういった状況になってしまったのでしょうか。

 

詳しく調べてみました!

 

英検会場、受験者の混雑がヤバい!

全国の英検会場が大混雑していたと話題になっています。

 

新型コロナウイルスの影響で延期されていた英検の試験が28日に全国で実施されましたが、受験者から「3密状態だった」といった不満の声があがっています。

 今年5月に実施される予定で延期されていた今年度1回目の英検の試験は28日に全国で実施されましたが、受験者から会場の中や外に人が密集していたという不満の声があがっています。

 「入り口付近が心配だった。バーゲンセールみたいな混み具合」(受験した大学生)

 「試験会場入るまでがこんなに混んでいるんじゃ、ちょっと怖いですね」(受験者の保護者)

 会場に来たものの、受験を断念した人も出ました。

 「受験料が返ってこない点は残念。コロナ(感染)リスクを考えたら、受験しなかったことに後悔していない」(横浜の会場で受験を断念した女性)

引用:https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4015125.html 

バーゲンセール・・・今は起こってはならない状況ではないでしょうか。

長蛇の列、三密の英検会場はどこ?

ではいったいどこで長蛇の列、三密状態になってしまったのでしょうか。

 

・横浜

 

・京都

 

・旭丘高校

 

・東京

 

・新橋

などさまざまな状況がツイッターにアップされていました。

 

全国的に同じような現象が起こっていたようですね・・・。

長蛇の列、三密の原因は?

ではなぜこんなにも混み合う状況ができてしまったのでしょうか。

 

その理由として日本英語検定協会は「建物内でのヘルスチェック」に時間がかかってしまったと発表しています。

 

確かに今はどこに入るのも、検温をしたり消毒をしたり、ヘルスチェックを行うところが多いですよね。

 

ですがその分その時間を長めに取ったり、集合時間を少しずらしたりして密にならないようにするものです。

運営の対応はこれでいいのか?コロナ感染の可能性はないのか?

当日来場した方も、新型コロナウイルスに感染したらどうするのかとツイートされています。

 

確かに三密状態で長時間過ごしているので、ここで感染が広がってしまう可能性もあります。

 

それに当日は「返金対応」がなかったということなので、すでに受験料を払ってしまっている方は意地でも行かなければ、と思ってしまいますよね・・・。

 

今の時期ですから、体調が悪い方には返金対応を取り会場の安全性を守るべきだったのではないでしょうか。

 

ここで感染が広がった場合運営はどのように責任を取るのでしょうか。

 

日本英語検定協会は「建物内でのヘルスチェックに時間がかかり、列を作ってしまったのではないか。受験生を待たせてしまい申し訳ない」と発表していますが、その対応が逆に三密状態を作ってしまったといえるでしょう。

受験者やネットの声は?

それにしても信じられないほど三密状態ですよね。

この状況でもしかしたら新型コロナウイルスに感染したかもしれない・・・という中で、試験に集中するのも難しいですよね。

まとめ

以上、英検会場の三密状態について調べてみました。

 

あらゆる企業や施設が密にならないよう、今あらゆる対策を取って社会活動を再開しています。

 

その中で試験を受けようとしていた方にこのような対応を取るのはよくないなと思ってしまいました・・・。

 

ぜひこういったことが二度と起こらないよう、きちんと対策を取ってほしいですね。

おすすめトピックス

-ニュース

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.