邦画

星の子(映画)ネタバレあらすじキャストは?見どころや結末、原作も調査!

投稿日:

子役で大人気だった芦田愛菜ちゃんも、もう16歳です。愛菜ちゃんと呼んでいたけれど、今は芦田愛菜愛菜さんと呼びたくなる1人の女優さんになりました。「星の子」の撮影に際して長かった髪を30cm以上カットし、彼女の作品への想いも伝わってきますね。

今回は、芦田愛菜さん主演「星の子」についてご紹介します!

 

映画「星の子」とは

令和初の第161回芥川賞を最新作「むらさきのスカートの女」で受賞した、今村夏子さんの小説を映画化した作品です。監督・脚本は大森立嗣さんが努めます。大森監督といえば、2013年の「さよなら渓谷」でブルーリボン賞で監督賞、2018年に「日日是好日」で報知映画賞を受賞したりと社会派の監督です。

今作は、「日日是好日」のスタッフが再集結し、作品を作り上げます。

また、主演の芦田愛菜さんは6年ぶりの映画で、撮影当時、主人公と同じ中学3年生でした。両親の信仰する宗教に、心を悩ませる等身大の主人公ちひろを演じています。

映画「星の子」の作品情報

公開日:2020年10月

制作国:日本

配給:東京テアトル、ヨアケ

公式サイト: https://hoshi-no-ko.jp/sp/

星の子のキャスト、スタッフ

《キャスト》

・林ちひろ:芦田愛菜

2010年「Mother」で実母から虐待される役を演じ、脚光を浴びる。その後7歳で史上最年少主演を果たす。「マルモのおきて」では連続ドラマ初主演に抜擢され、同じく主演の鈴木福と歌手デビュー。紅白歌合戦にも出演を果たす。

2013年にはハリウッドデビューも果たし、ドラマ映画と大活躍。

 

《スタッフ》

・監督/脚本:大森立嗣

監督でもあり俳優でもある大森監督。弟は大森南朋。 

最近では、長澤まさみ主演映画「MOTHER」の監督を務めるなど、次々と話題作を世に出している。

 

・原作:今村夏子

29歳の時、職場で「明日休んでください。」と言われたのがきっかけで小説を書こうと思い立った。その時の作品が「あたらしい娘」。デビュー作で2010年太宰治賞を受賞する。様々な作品で賞を受賞しており、人気作家である。

 

キャストもまだ芦田愛菜さんしか発表されていません。両親の役が誰なのか?学校の教師は誰が演じるのか今後の発表が楽しみですね。

映画「星の子」のあらすじ

主人公のちひろは、幼い時病弱だった。そのちひろを奇跡的に治したあやしい宗教に、両親はどっぷりと漬かり深く信仰していた。

しかし、両親はちひろに愛情いっぱい注いでくれ、幸せに暮らしていた。

ちひろにとって当たり前の生活だったが、やはり世間からは浮いていた。

中学3年生になったちひろは、新任のイケメン教師に一目惚れする。ある日の夜、イケメン教師に大好きな両親が、公園で奇妙な儀式をしているところを見られてしまう。

そんな時、ちひろの心をかき乱す大きな事件が起きる。

映画「星の子」のネタバレ、結末や見どころは?

映画のネタバレ・結末はまだわかっていませんが、原作版だと・・

ちひろは両親と姉の4人家族。ちひろは病弱で両親は心配していた。生後半年で体に湿疹ができてしまい、心配した父親が職場でポロッとその話をしたら同僚が「水を変えてみては」といい「金星のめぐみ」という水を勧めてくる。藁にもすがる思いでちひろに塗布すると、湿疹が治ってしまう。それをきっかけに両親はすっかり信用してしまい同僚が信仰する宗教に一緒に心酔してしまう。

好きになった教師に車で家まで送ってもらう途中、「へんなのがいるから車から降りるな」と言われて、ちひろが見るとそこには儀式をしている両親の姿でした。自分の両親だと教師に告げると、教師はちひろにきつくあたるようになる。

ちひろは傷つきながらも、世間から見える自分たちの姿を初めて知るのだった。

姉は両親に反発して家を出て、ちひろにはなんとか宗教から距離を置かせたいと、手を差し伸べる叔父も出てきます。

教団の研修旅行で、両親と見た星空は、ちひろと両親の見ている星が違いなかなか合いませんでした。ちひろにはどんな風に映ったのでしょう。

 

結末は、ぜひ小説を読んで自身で感じてみてください。

なぜなら、この作品はハッピーエンドでも、バットエンドでもどちらでも読者の捉え方次第という結末になっています。

 

もちろん映画版の結末が同じとは限りませんので、ご理解ください!

映画「星の子」の原作は?

今村夏子さんの同名小説です。2017年に刊行され、2019年に文庫化されました。

第157回芥川賞の候補となり、第39回野間文芸人賞を受賞した作品でもあります。人気作家の今村夏子さんの作品は今まで映画化されたことがありませんでした。今作が初の映像化となります。

映画「星の子」の評判は

今村夏子さんの小説のファンの方は、映画化に期待しつつ、どちらかというと静かに言葉紡ぐ作品なので、どんな仕上がりになるのか気になるようです。また、「星の子」の評判で意外と多いのが、芦田愛菜さんの映画情報が解禁になって、ポスターやテレビで見た人が、原作を読んでみたい!という感想です。

映画「星の子」の原作はこちらで読めます

この「星の子」は先にも書きましたが文庫本になっています。

もちろん文庫本もいいですが、通勤通学やいつでもどこでも本を読みたいですよね?

そんな方には、動画配信サービスのU-NEXTの電子書籍をオススメします!

今まで1度も登録されたことがない人には、さらにオススメで31日間無料でお試しすることができます。もちろん、電子書籍だけでなく動画配信も見ることができるので、どちらもお試しいただけます!

31日間の間に解約すれば、料金は一切かかりせんので安心してご利用していただけますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「信じる」「信じない」とても難しいテーマです。宗教が絡んでいる難しいテーマでもありますが、芦田愛菜さんの真っ直ぐな目と、素晴らしい演技で考えさせてられる作品になることでしょう。

そして、公開日までに、原作をご覧いただくのもいいですね!

何度も読みたくなる人が多いので、ぜひU-NEXTで無料でお試しされるのもオススメです。

今から公開が楽しみですね!

おすすめトピックス

-邦画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.