ニュース

京都 川端二条付近で逃走した犯人は誰で逃げた理由は?逃走事故の動画や画像も!

投稿日:

京都で21日午後6時半ごろ、パトカーに追跡されていたワゴン車がタクシーに追突し、自転車にもぶつかるという事故が発生しました。

 

車の衝突だけでなくけが人も多数出たということで、現場は騒然としていたようです。

 

いったい休日の夜に何があったというのでしょうか。

詳しく調べてみました!

 

京都 川端二条付近で警察とカーチェイスの概要

京都の川端二条付近で、警察と逃げる車のカーチェイスからの事故が起こってしまいました。

21日午後6時半ごろ、京都市左京区の川端通二条の交差点で、パトカーに追跡されていたワゴン車がタクシーに衝突し、弾みで自転車にぶつかった。ワゴン車の20代男性1人が右腕を骨折、自転車の50代男性も右足を骨折し、いずれも重傷。ワゴン車に同乗していた20代男性とタクシー運転手の50代男性は軽傷という。川端署が事故原因などを調べている。

ワゴン車は衝突の衝撃で現場で横転した。目撃者などによると、ワゴン車は現場から約1㌔南の四条大橋付近で別の自転車の女性に接触し、パトカーに追跡され、周辺を逃走し、川端通を猛スピードで北上していたという。パトカーは東山署の配備車両だった。

引用:https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/286682 

けがをされた方も出て、なんと自転車に乗っていた方は骨折してしまったとのこと。

逃げるワゴン車が衝突し、弾みで自転車にぶつかってしまったのですね。

自転車に乗っていた方からしたら本当に怖かったですよね・・・。

タクシー自転車巻き込み事故をした場所は?

では事故が起こった場所はどこなのでしょうか。

 

こちらが京都市左京区の川端通二条の交差点です。

鴨川の近くで日曜日だったので人通りも多かったのではないでしょうか。

逃走した犯人は誰で逃げた理由は?

今回の事故の発端は、パトカーに追跡されたワゴン車が逃走したことによります。

 

ワゴン車に乗っていたのは21歳の男、さらに同じく21歳の男が同乗していたことも分かっています。

 

このワゴン車は今回の事故を起こす前、事故現場から約1キロほど南にある四条大橋付近で別の自転車に乗った女性との接触事故を起こしていました。

 

その件でパトカーは追跡を行っており、今回の事故に発展してしまいました。

 

いったいなぜ逃げたのか、21歳の男の詳しい情報はまだ入っていません。

ですが逃げたことによってさらに被害者が出てしまったことは確かです。

逃走事故の動画や画像

では逃走事故の動画や画像を見てみましょう。ツイッターには多数情報が寄せられていました。

   

 

   

現場の雰囲気が騒然とし大事になっていたことが伝わりますね・・・。

この事故現場に居合わせたらかなりびっくりしてしまいそうです。

 

やはり人通りや車通りも多く、ここでカーチェイスを行うのはちょっと無理があったのでは・・・と思ってしまいました。

巻き込まれた被害者の情報容態は?

今回、巻き込まれてしまった方の容態が気になります。

 

まず自転車に乗っていた50代男性ですが、右足を骨折する重傷とのこと。

いきなり自転車に乗っていてカーチェイスの車に巻き込まれ、本当に怖かったですよね。

 

次にタクシー運転手の50代男性も、軽傷を負ってしまったとのことです。

 

さらに犯人の運転していた21歳の男も重傷、同乗していた21歳の男も軽傷だということです。

 

全員命に別条がなかったのは本当によかったですが・・・、もっと大変な事態になっていた可能性もあります。

ネットの反応

ツイッターでは、なぜこんなところでカーチェイスが起こるのかという疑問が多かったです。

 

もちろん逃げる犯人が悪いですが、警察もこの場所で犯人を追わなければならなかったのかということがこれから追及されるのではないでしょうか。

まとめ

以上、京都の川端二条付近で起こった逃走事故について調べてみました。

 

まず被害者の方が命に別条がなかったのは本当によかったです。

ですが多くの方を巻き込みこのような事態になってしまいましたので、もうこのような事故が起こらないようにしなければなりませんね。

おすすめトピックス

-ニュース

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.