ニュース

東京都杉並区南荻窪で火事!火災当時の動画画像や出火の原因は?ネットの反応も

投稿日:

東京都杉並区南荻窪付近で火事が発生したとの情報がありましたので、火災当時の動画画像、出火原因など、まとめました!

 

東京都杉並区南荻窪付近で火事の概要、経緯

まずは、今回の火事の概要です!

【日時】2020年6月20日(土)午前4時頃

【場所】東京都杉並区南荻窪1丁目付近

杉並区南荻窪で建物火災が発生しました。

二階建て住宅だったということです。

火災現場では大量の煙が発生し、周辺に煙は充満していました。

煙の目撃情報がネット上で相次いでいました。

火災現場には、消防車両など、15台あまりが出場し、消防隊による懸命な消火活動が行われ、無事鎮火しました。

早朝の火事だったため、鳴り響くサイレンの音で目が覚め、びっくりした方も多かったようです。

突然の火事に、恐怖と不安を抱いたことと思います。

この火事による被害状況については、現在警察消防が現場検証を行っているものと思われます。

今後の発表に注目したいと思います。

東京都杉並区南荻窪付近で火事の場所は

〒167-0052 東京都杉並区南荻窪1丁目

東京都杉並区の中央部に位置しています。

東京都杉並区南荻窪付近で火事の出火原因は?

東京都杉並区南荻窪の火事の出火原因については、まだ詳しいことはわかっていません。

現在、警察、消防による現場検証が行われ調査中だと思われます。

住宅からの火事ということで、キッチン、たばこ、配線コードなどからの出火が原因として考えられます。

時間帯的に、寝たばこが原因として有力でしょうか。

寝たばこによる出火の場合、逃げ遅れによる死亡率が上がってしまいます。

長年の習慣である場合、なかなかやめづらいとは思いますが、寝たばこは非常に危険ですので、絶対にやめてほしいと思います。

今回の火事の原因はまだわかっていませんが、一人ひとりが、改めて火の恐ろしさを再認識してほしいと思います。

とにかく、警察、消防からの発表を待ちたいと思います。

当時の状況動画画像は

当時の状況動画画像がこちらです↓

ものすごい量の煙が発生しています。

現場付近には大量の煙が充満していたと考えられます。

火事で怖いのが煙を吸い込むことによる一酸化炭素中毒です。

今回の火事でも具合が悪くなった人がいなかったか心配です。

現場にはたくさんの消防車両が駆けつけ、消火活動にあたっていました。

早朝の火事ということで、鳴り響くサイレンの音で目が覚め、火事に気付いた方も多かったのではないでしょうか。

せっかくの休日の朝になんとも残念なニュースです…。

離れたところからも、立ち上る煙がはっきりと確認できます。

煙はもくもくと広がっており、かなり広範囲で匂いがきつくしていたことが予想されます。

被害者身元情報は

今回の火災で、被害者が出たかどうかは現在わかっていません。

しかし、早朝の火事だったために、出火元の住民が眠っていた可能性もあり、逃げ遅れが発生しているかもしれません。

また、今回の火災では大量の煙も発生しており、広範囲で煙が広がっていたようです。

煙を吸い込むことによる中毒が発生していないかも心配です。

今後のニュースに注目したいと思います。

けが人、死者がでていないことを祈るばかりです…。

ネットの反応

ネットの反応をまとめました!

煙が大量に発生する火事だったため、被害者がでていないか心配する声がたくさん上がっていました。

火災現場付近の住宅では、大変な騒ぎとなっていたようです。

早朝の火事ということで、まだ眠っていたご家庭がほとんどだったと思います。

火事に気付かず、逃げ遅れてしまったら大変ですので、こういう時の近所の助け合いは本当に大切だと思います。

早朝の火事に何事かと驚いた方も多かったようです。

周辺の家に煙は広がり、きつい匂いがしていたようです。

近隣で火事が起きた場合は、ベランダの洗濯物を取り込み、窓をしっかり閉め、部屋の中に煙が入ってくるのを防ぐようにしましょう。

それでも煙の臭いがきつくしそうな場合は、速やかに避難する必要があります。

避難するときも口元をハンカチで覆うなどして、煙を吸い込まない工夫が必要です。

まとめ

東京都杉並区南荻窪付近の火事についてまとめました。

大量の煙が発生し、炎が激しく燃える大変な火事でした。早朝の激しい火事に、近隣に住む方々の不安も相当大きなものだったようです。

せっかくの週末の朝に悲しい火事が起きてしまいました。このような火事が一件でも減るように、祈るばかりです…。

おすすめトピックス

-ニュース

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.