邦画

『ヤクザと家族』ネタバレあらすじキャストは?見どころや結末は!綾野剛×舘ひろし

投稿日:

続々と映画の公開情報が発信されていますね。

緊急事態宣言が解除され、リモート出演でたまにテレビに出演されていた俳優さんたちの生活もいよいよまた撮影が開始されるようです。映画ファンとしては楽しみですよね!

今回は俳優の綾野剛さんが初のヤクザ役で主演を務め、舘ひろしさんと初共演する映画『ヤクザと家族 The Family』について調べてみました。

 

「ヤクザと家族」とは

映画「ヤクザと家族The Family」の原作は、第43回日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめとする主要部門三冠受賞に輝いた映画「新聞記者」の藤井道人監督自身が手掛けたオリジナル脚本です。

オリジナル脚本で挑む最新作のテーマは「ヤクザ」。

 

そして、「あゝ、荒野」(2017)、「新聞記者」(2019)、「宮本から君へ」(2019)などの話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画を担当しています。

 

オリジナル脚本ということなので原作になるものなどがないため、なんともわくわくさせられますね。

「ヤクザと家族」の作品情報

現代ヤクザの実像を3つの時代と共に描く壮大なヒューマンストーリーとなっている「ヤクザと家族」で、綾野剛さんと舘ひろしさんが初共演を果たします。ヤクザ役が今回初となる綾野剛さんは、父親を覚せい剤で失い、その日暮しの生活を送っている時に、柴咲組組長の危機を救ったことからヤクザの世界へ足を踏み入れた男・山本賢治を演じています。

 

短気で暴力的な面もあるけれど、一本気さのある山本はヤクザの世界で男をあげていきます。移り変わる社会の中で「組織=ファミリー」と「愛する家族」の間で揺れ動く、時代を象徴する“最後のヤクザ”ともいえる男の半生を綾野剛さんが演じました。

 

一方で舘ひろしさんは、43年ぶりとなるヤクザ役。柴咲組組長・柴咲博役に挑戦されています。

「ヤクザと家族」のキャスト、スタッフ

「ヤクザと家族」のキャスト、スタッフを紹介します。

© 2020『ヤクザと家族 The Family』フィルムパートナーズ

キャスト

出演:綾野剛 舘ひろし

 

綾野剛コメント

渾身の作品が生まれました。

現場では今までに感じた事の無い鼓動の連続で、毎日が走馬灯のようでした。 果てしなく目を背けたくなるような残酷さと、その体温を永遠と抱きしめ続けたくなるような心地よさ。 これが”家族”なのかと。 母、親父、兄弟、愛した女。過去から現在、人権と時代。そしてこれからの未来を生き抜く子供たち。 私達、藤井組は、その全てをひとつの映画に込めました。 幾度もの難関にも映画は私達を見放さず、見つめ続け、救ってくれた。映画は私達にとって最後の”家族”です。 スタッフ、キャスト、家族のみんなで乗り越え導き出した愛の結晶。それが「ヤクザと家族 The Family」です。 どうか、どうか。家族を大切に。

 

舘ひろしコメント

「ヤクザ」という題材で家族の愛を描いた作品(脚本)に、大変興味を持ちました。 藤井監督は感情表現を繊細に演出し、俳優スタッフが一つとなり、丁寧に作品を作り上げていきます。 その姿勢に感銘を受けました。 綾野剛さんは、訴えかける目力が素晴らしい。いつも作品のこと、役柄を深く考えており、役の中をリアルに生きている、 そんな俳優さんだと思います。とても刺激をもらいました。「ヤクザと家族 The Family」どうぞ、ご期待ください。

 

スタッフ

監督・脚本:藤井道人

プロデューサー:河村光庸

配給:スターサンズ/KADOKAWA

 

監督:藤井道人コメント

「新聞記者」の撮影が終わり、河村プロデューサーと僕が次に選んだ題材は「新しいヤクザ映画」でした。前作同様、 難産ではありましたが、変わりゆく時代の中で排除されていく「ヤクザ」という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品です。綾野剛という唯一無二の俳優とこの作品を一緒に作れたこと、舘ひろしさんをはじめとする素晴らしいキャスト、スタッフと「ヤクザと家族」という映画を作り上げたことを誇りに思います。 是非、公開まで楽しみにしていてください。

◎キャストの選定について

河村プロデューサーと話して、主人公の山本という役は綾野剛以外考えられない、という共通の認識でした。20年の役を生きる山本という役は、その時代を象徴するかのように様々な繊細な感情を表現しなければならなかったからです。 綾野さんのストイックな役への姿勢は、本作の脚本の世界を何倍にも広げてくれました。 柴咲組の組長を演じた舘ひろしさんは、僕のリクエストです。かっこよくて、でも愛嬌もある、優しい「父親像」を舘さんに託しました。舘さんには撮影時本当にたくさんのことを教えていただき、僕の監督人生の大きな財産の一つとなりました。

「ヤクザと家族」のあらすじ

この物語は、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる壮大なヒューマンストーリー。

男は自暴自棄になっていた少年期に、地元のヤクザの親分から手を差し伸べてもらったことで心の救いを得て父子の契りを結びます。しかし時はうつり、彼にも愛する自分の家族ができます。一方、暴対法※の施行はヤクザの有り様と男の環境を一変させます。男の選んだ生き方は様々な矛盾やハレーションをおこし始め、組の存続を巡る因縁の敵との戦いの中、ヤクザであることを貫くことは、一方でかけがえのないものを失うという状況を突きつけられていくのでした。

 

※暴力団対策法:1992 年に第一次が施行され、2012 年に第二次が施行。それまで社会の闇として隠然と力をふるっていた暴力団の無力化に大きく役立ち、企業や地域社会への影響力を減じる契機となった。

「ヤクザと家族」のネタバレ、結末や見どころは?

「ヤクザと家族」には原作がないので、映画を観るまでネタバレになる情報がでないのではないでしょうか。

見どころとしては、綾野剛さん演じるヤクザの山本が自分の家族を持つようになってからの心の変化だと思います。ヤクザもファミリーと呼ばれ家族です。「親父!」とか「アニキ!」ってよく呼んでますよね。

でも結婚して家族を持つと「妻」とか「子供」ができ、夫であったりお父さんになります。2つの家族を持ってどのように生きていくのかがまさに見どころです。

 

そして綾野剛さんの暴力的な姿もきっと見ることになると思います。

公開されたビジュアルを見ると、綾野剛さんも怖いヤクザに見えますよね~。ドラマ「コウノドリ」の時と全然顔がちが~~う!!

舘ひろしさんはなんとなく想像がつくんですけどね(笑)

「ヤクザと家族」の評判は

映画「ヤクザと家族」について評判を調べてみました。

綾野剛さんのヤクザ姿にメロメロですね♡

悪い男、影のある男、惹かれる女性って多いんですよね~。私もです♡♡(現実は全然違うけど…)

「ヤクザと家族」の公開日、上映館は?

映画『ヤクザと家族 The Family』は2021年公開です。詳しい日程についてはまだ発表されていません。

上映館についてもまだ2021年なので未定です。配給がスターサンズ/KADOKAWAなので、やはり大手の映画館でしょうか。

まとめ

綾野剛さんと舘ひろしさんが主演する「ヤクザと家族」の公開が楽しみですね。

どんな映画なのでしょう?家族をテーマにしているようにも思えるから、殺し合いとか指切ったりとかの怖い場面少なめならいいな…などと勝手に願ったりしてます。ま、ヤクザですからシリアスな世界にはなりそうですよね。

それにしても2人とも本当にステキです!早く他の場面も見たいし、他のキャストも気になるところですね。

おすすめトピックス

-邦画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.