洋画

野性の呼び声ネタバレ結末あらすじやキャストは?公開日や原作感想も調査!

投稿日:

ハリソン・フォード主演で話題となっている映画、「野性の呼声」。

今回は、ネタバレや、キャスト、原作についても調査していきたいと思います!!

 

野性の呼び声とは!

「スター・ウォーズ」シリーズでアウトローの運び屋、「インディ・ジョーンズ」シリーズでは冒険家の考古学を演じてきたハリウッドの名優ハリソン・フォードの最新作が、『野性の呼び声』です!

アメリカを代表する作家、ジャック・ロンドンの世界的名作冒険小説を基に、地図にない地を目指し旅する男ソーントンと奇跡の名犬バックの出会い、そして友情と冒険を描く感動のスペクタクル・アドベンチャーを実写化しています。

野性の呼び声のあらすじは

予告動画

 

あらすじ

セント・バーナードとスコットランド牧羊犬の雑種・バックは、カリフォルニア州のミラー判事(ブラッドリー・ウィットフォード)の邸宅でペットとして幸せに暮らしていた。しかし4歳のとき、男にさらわれ、ゴールドラッシュに沸くカナダのユーコン準州でそり犬として高値で売り飛ばされてしまう。そこでバックはこん棒で脅され、こん棒を持つ人間には決して逆らってはいけないことを学ぶ。

そり犬として働くことになったバックは、今度はそこで先導犬のスピッツのいじめに遭う。しかしバックは恵まれた体格と、持ち前の知恵を駆使して、スピッツを退けて先導犬の地位を勝ち取る。大雪原を駆け抜け、バックは素晴らしいリーダーシップを発揮して、仲間の犬たちからの信頼を得ていく。やがてバックは、仲間たちと郵便物を運ぶ仕事に就き、目覚ましい活躍をするが、政府の命令により、郵便配達が休止され仕事を失ってしまう。

すると今度は、荒野での経験がほとんどない3人組、ハル(ダン・スティーヴンス)、ハルの姉マーセデス(カレン・ギラン)とその夫に売られてしまう。過酷な環境での重労働を強いられていたバックは、ある日、ひとり傷心の旅をする男ソーントン(ハリソン・フォード)に助け出される。バックが回復するまで世話を焼くソーントンに、少しずつバックは心を開き、いつしかソーントンとの間に、信頼と友情を育んでいく。

すっかり元気になったバックはソーントンと共に、まだ見ぬ<地図に載っていない未開の地>を目指し、冒険の旅に出る。やがて辿り着いた先で、彼らを待ち受けるのは――。

(公式サイトよりhttps://www.disney.co.jp/movie/yasei/about.html#story)

野性の呼び声のキャストは

気になるキャストについて見ていきましょう!

ソートン役:ハリソン・フォード

皆さんご存じの通り、『スター・ウォーズ』シリーズや、『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、数多くの大ヒット作に出演し続けている大スターです。

そんなハリソンが、ワールドプレミアイベント開催時に、日本のファンに向けて送ったメッセージがこちら↓

「私は今とても充実しているんだ。この物語を語ることができ、そして観客 にこの映画の素晴らしさを伝えることができて、私は大きな喜びを感じてるよ。」と無事にプレミアを迎えられたことに喜びを表しながら、「私が演じたソーントンとバックは、お互いの人生に“価値”をもたらすんだ。犬と暮らしたことのある人ならば分かると思いますが、犬がもたらしてくれる癒しはとても大きいんだ。」

と、本作の“言葉の壁を越えた絆”のテーマに関して語りました。

更にハリソンは、「この映画を日本のみなさんにお届けできることを、とても喜ばしく思っているよ。日本では単にペットとしてだけでなく、人が犬と特別な絆で結ばれることが多いと聞いています。だからこそ、日本のみなさんは、きっとこの映画を気に入ってくれると思うよ。」

と、本作を心待ちにしている日本のファンへ向け、伝えました。

 

ハル役:ダン・スティーブンス

イギリス出身の俳優です。

2010年からスタートした人気シリーズ「ダウントン・アビー」で役を演じて知名度をあげ、その後2014年には「誘拐の掟」「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」などのアメリカ映画に出演します。

2017年には大ヒットしたディズニーの実写映画「美女と野獣」で野獣役に大抜擢されています。

 

マーセデス役:カレン・ギラン

スコットランド出身の女優です。

英BBCの人気SFドラマ「ドクター・フー」シーズン5~7(10~12)で、マット・スミス演じる11代目ドクターとともに時空を旅するエイミー・ポンド役でブレイクしました。

 

ミラー判事役:ブラッドリー・ウイットフォード

アメリカの俳優です。

『ザ・ホワイトハウス』のジョシュ・ライマンで知られ、2001年にはエミー賞の助演男優賞を受賞しました。

野性の呼び声のネタバレ、結末は?

冒険の旅に出た、ソーントンとその仲間は森の中で金を見つけていました。

彼らが金を採集している間に森の中で野生の狼たちと交流していたバックは野性への憧れの想いもありつつ、ソーントンたちと触れ合いたいという気持ちもあるというジレンマにいました。

だが、そんなある日バックが狩りから帰ってくるとソーントンたちがインディアンによって殺されているのです。

バックは目に付くインディアンを殺した後、姿が見えないソーントンも死んでいることを理解しました。

バックはその後、狼の吠え声に引き寄せられ自然の中に戻り、狼の群れの先頭に立つようになります。

物語の終わりでは、バックはインディアンに幽霊犬と恐れられる存在となっていました。

ある狼(幽霊犬)が毎年夏になるとソーントンが死んだ谷に現れ、長い遠吠えをあげて去っていきますが、そのことは人々には知られていません。

野性の呼び声の口コミや感想

口コミや感想をまとめました!

 

ハリソンフォード主演ということで、期待している声が多くありました。

また、動物映画であることから、その友情と絆に感動必須の作品となっていそうです。

野生の呼び声の公開日、上映映画館

2020年2月28日(金) より 全国にて公開です!!

全国43館で公開予定ですので、お近くの映画館を探してみてください↓

www.entermeitele.net/roadshow/sakuhin/?cs_id=39281

野生の呼び声の原作は

『野性の呼び声』(やせいのよびごえ)または『荒野の呼び声』(こうやのよびごえ)は、アメリカ合衆国の作家ジャック・ロンドンによって1903年に書かれた中編小説です。飼い犬のバックが、さらわれてそり犬になり、様々な体験を通じて野性を目覚めさせ、自然に帰るまでを描いています。 

野生の呼び声の原作を読むには

映画を見る前に、原作を読んでみたい方は、UーNEXTがおすすめです!今なら、31日間無料トライアルで、無料で読むことができます!

ぜひ、原作を読んで、映画をさらにお楽しみください!

まとめ

今回は、映画「野性の呼び声」について、ご紹介させていただきました。

昔から何度も映画化されている今作品、豪華なキャスト・スタッフ陣で再び映画化されるということで、昔の映画を知っている人も知らない人も公開が待ち遠しいですよね。

ハリソン・フォードと、犬の絆にも注目のこの作品、お見逃しなく!!

おすすめトピックス

-洋画

Copyright© ムビムビチャンネル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.